家族や知人など身近な人からお金を借りる場合に注意すること

みなさん月末や給料日前になると財布や銀行口座にお金がないなんてことありますよね?私も定期貯金以外は毎月使い切ってしまうタイプの人間なのでよくあります。少しは残しておかないとと毎月反省するのですが気がつくと使ってしまっています。そんな時に限って急にお金が必要になることもありますよね?その際に一番お金の借りやすい家族や知人など身近な存在です。借りやすい分、甘えてしまいその後の関係がこじれてしまうというケースも少なくないと思います。そこで身近な存在にお金を借りる際に注意することについてお話ししたいと思います。

【私が考える注意点は以下の3点です。】
1、借りる際に返済の期限を一緒に決めておく
身近な存在だと甘えてしまいついつい返済が遅れがちになってしまいます。金の切れ目が縁の切れ目というようにしっかりと期限を決めておかないと関係がこじれてしまいます。
2、1度に借りる相手は1人にする
借りないといけない金額が多くなると何人かに分けて借りてしまうケースがあります。しかし、これをしてしまうと誰にいくら借りたかが曖昧になってしまい、後々わからなくなることがあります。なので多く借りる場合でも借りる相手は1人に絞るようにした方が良いと思います。
3、連続して同じ人から借りない
最後になりますがこれが一番大切だと思います。例えば先月お金を借りた人にまた借りることになるとします。そうすると相手はまた借りるのかという心境が出てきます。もちろん気の知れた知人なら快く貸してくれると思います。しかし、何度も続くと人は信用が無くなっていくものなのです。

以上が私が家族や知人など身近な存在からお金を借りる際に注意することです。お金を借りる時は今回のような身近な人から借りる方法と、キャッシングなどを利用する場合があると思いますがどちらにしても借り方を間違えると後々大変です。お金借りるなら要チェック(http://www.cashing-text.com/)にはお金を借りる時に気を付けたいことが書かれています。お金を借りる前にある程度注意すべきことを頭に入れておきましょう。

家族ともめてしまった場合は、お金を完済した後も関係がギクシャクする場合があります。そのような時に必要なことは何かは、家族と生きる(http://www.livingwithfamily.net/)に詳しく書かれていて参考になりました。関係の修復には家族とは何かを再確認してみることが重要なのかもしれません。