突然の腰痛で退職してしまった時の話

会社を退職した際に生活費のやりくりに困ってしまった時がありました。突然の腰痛で仕事ができなくなってからやむを得ず会社を退職する事になり会社を休んでいる間は収入がなかったので手持ちのお金が心もとなくなっていました。生活費の他に腰痛の治療のための医療費などがかかり出費が増えていきました。タバコなどの嗜好品を買うのを控えて食料費も削りながら生活でした。歩くたびにピリッと電気が走ったような腰の痛みがあり就職活動をするにも苦労し、就職してもすぐに給料が貰えるわけではないので就職後に必要になってくる物を買うのに金銭面で不安がありました。

お金が無いと今後のの事で不安でいっぱいになり精神面でも心が圧迫されるような思いをしました。どうして自分が腰痛になって会社を辞めなければならなくなったのかと自分を責めてしまった時もありました。

自分でやりくりをしても生活の目処が立たなかったので家族にお金を借りて解決しました。再就職して給料が貰えるまでの生活の支度お金を借りて給料で借りたお金を返せました。仕事を続けていくためにも身体の健康が重要ですし働けなくなってしまった時にどうやって生活を維持していけば良いか準備をしておかなければいけないと思います。

自分で何とかしようとしてもどうしようもない時には、無理をせずに思い切って弁護士事務所などに相談してみましょう。だらだらと長い金欠生活を避けることが出来るかもしれません。借金は、長引けば長引くほどストレスも借金額も増えいきます。注意しましょう。

相談する弁護士事務所ってどんなところ?と思っている方、検索すると多くの弁護士事務所が出てくると思います。全国各地にありますので自分から近い場所にある弁護士事務所を検索してみてはいかがでしょうか。いま住んでいるところが東京なら、東京フォレスト法律事務所(http://www.tokyoforest-law.com/)などという感じです。