限度額は、場合によって減額となることもある

キャッシングは原則的に契約時に限度額が設定され、その範囲で借り入れや返済を行っていくシステムになっていますが、この限度額はその後の利用状況によって増額できること場合があるだけでなく、場合によっては減額されてしまうこともあります。

その原因としては、返済を度々遅延するようなことが一番に挙げられますが、そのキャッシング会社への返済はきちんと行っていた場合でも、他社への借り入れが増えた場合や、他社への返済を遅延したようなことが原因になることがあります。

キャッシングでは信用情報というものを、申込み時の審査、及び利用状況の判断に利用しています。これには全てのキャッシング、クレジットカードなどのローン契約の利用状況が記録されており、例えその会社へはきちんと返済していても、他でトラブルを起こすようなことがあると信用情報が悪化してしまい、それが原因で限度額の減額を受けてしまうことがあるのです。

もっと酷くなると、キャッシングの契約自体を破棄されてしまい、残りの返済金額の一括での支払いを行うように求められることもあります。こうなってしまうと、もちろん他社やクレジットカードなどのローンに関しても同様の対応を求められると考えてください。

そうようなことにならない為にもお金を借りる時は、返済日をきちんと守って利用することが一番大切だと言えます。