お金の返済が間に合わなかった場合どうすればよいか

キャッシングでお金を借りたのにどうしても返済が間に合わない、人生にはそういう時があります。もちろん、そういうことがないに越したことはないのですが、やってしまったものはどうしようもありません。では、そうなった場合どうすればいいのでしょうか。

返済が送れた場合、まずやるべき事はお金を借りた会社への連絡です。この時、色々と聞かれるでしょうが、その時にしてはいけないことは嘘をつくことと、楽観的に物事を話すことです。

例えば、10日あればなんとかお金の都合かつくかもしれないという時、つい「10日あれば必ず返済できます」と言ってしまうことがあります。本当は、10日で「運がよければ」返済できるという状況でも絶対に返せるのでそれまで待って下さいと言い切ってしまうと、10日でお金を用意できなかった場合、非常にまずいことになります。出来もしない(もしくは運がよければ出来る)ことを必ず出来ると言ってしまうと、こういうことになるのです。

 

ではどうすればいいか、答えはひとつです。現状をありのままに、正直に話すことです。この場合なら、「10日で返せるかもしれませんが、返せないかもしれません。」「返済する気はありますが、いつ返せるか正確な期日はわかりません」とありのままにいうことです。

ここで見栄を張っていい加減なことを言うと、後で困ったことになります。それなら見栄を捨てて、現状を正直に話した方がよっぽどいいです。この状況で一番まずいのは、「こいつはいい加減なことばっかり言ってるから信用できない」と向こうに思われてしまうことです。なので、返済が間に合わなかった場合は、現状を正直に報告しましょう。