トラブルを避ける為に現実的な返済計画を

お金に困った時に便利なキャッシングですが、何も考えずに無計画に利用するのはトラブルの元です。よく「事前の返済計画が大切」と言われますが、その計画も観念的なものではいけません。現実的に自分がこれから実行する計画として心して立てましょう。

たとえば30万円借りたとして、「返済は毎月1万円のリボルビング返済にしよう」と決めたとしても、そんな観念的な返済だけでは不十分です。そうではなく、毎月1万円の返済金を完済の日まで確実に捻出し続けるための計画を具体的に立てなければなりません。それが本当の「事前の返済計画」というものです。

とにかくキャッシングにおいては、事前の返済計画が甘いと返済トラブルを起こす危険が高くなってしまいます。すると金融事故を起こすことにも繋がりますので、甘い計画では駄目なのです。そもそも毎月1万円のリボルビング払いなど、特に自分で計画しなくても殆どのキャッシング会社のほうで勝手にやってくれることです。そうしたものは、自分でしっかり計画を立てたうちには入りません。

また、返済は分割よりも一括のほうが利息の支払い負担は少なくて済みます。ですから可能な限りは、翌月一括返済などの計画でキャッシングを利用するといいでしょう。分割返済とは、本来は一括が無理な時にだけ利用する返済方法だと考えて返済するように心掛けましょう。