書類の提出で職場への在籍確認を避ける方法

キャッシングの審査では、申込を行った人がその職場に本当に勤務しているのかを確認する電話での在籍確認があります。本人が出なかった場合でも、在籍していることが確認できれば大丈夫です。またキャッシング会社の名前で掛かってくることはなく、個人名で友人を装って掛かってくるので、この電話でキャッシングの利用が職場に分かってしまうことはまずありません。

ですが、外部からの私用の電話を取り次いでもらえないような職場や、会社が休みの日にキャッシングの申込をした場合、この電話による在籍確認は難しく、場合によっては契約が行えなかったり、審査が終了するのが後日になってしまいます。

全てのキャッシングの申込時に行える訳ではありませんが、この職場への在籍確認を書類の提出で行える場合があります。上記のような場合はまず在籍確認を書類で行えるかどうかの確認してみましょう。

書類の提出で行える場合に必要となるのは、会社員の場合は勤務している会社名の記載のある社会保険証と、給与明細票です。この2点の提出で、その会社への在籍の証明となります。アルバイトのような社会保険証を支給されていない人は、給与明細票だけで大丈夫です。職場に電話を掛けられると困る事情がある場合も、この方法で在籍確認の電話を避けることができます。

上にも書きましたが、この方法は必ず行える訳ではなく、キャッシング会社によって対応が異なります。在籍確認の電話を避けたい場合は、この方法が利用できるキャッシング会社を選択しましょう。