トラブルを避ける為に現実的な返済計画を

お金に困った時に便利なキャッシングですが、何も考えずに無計画に利用するのはトラブルの元です。よく「事前の返済計画が大切」と言われますが、その計画も観念的なものではいけません。現実的に自分がこれから実行する計画として心して立てましょう。

たとえば30万円借りたとして、「返済は毎月1万円のリボルビング返済にしよう」と決めたとしても、そんな観念的な返済だけでは不十分です。そうではなく、毎月1万円の返済金を完済の日まで確実に捻出し続けるための計画を具体的に立てなければなりません。それが本当の「事前の返済計画」というものです。

とにかくキャッシングにおいては、事前の返済計画が甘いと返済トラブルを起こす危険が高くなってしまいます。すると金融事故を起こすことにも繋がりますので、甘い計画では駄目なのです。そもそも毎月1万円のリボルビング払いなど、特に自分で計画しなくても殆どのキャッシング会社のほうで勝手にやってくれることです。そうしたものは、自分でしっかり計画を立てたうちには入りません。

また、返済は分割よりも一括のほうが利息の支払い負担は少なくて済みます。ですから可能な限りは、翌月一括返済などの計画でキャッシングを利用するといいでしょう。分割返済とは、本来は一括が無理な時にだけ利用する返済方法だと考えて返済するように心掛けましょう。

キャッシングの悩みは一人で抱え込まない

キャッシングでのトラブルは昔ほど多くはありません。法が整備されてからトラブルはかなり減りました。でも、お金の貸し借りにおいて完全に問題がなくなる事はありません。

例を挙げるなら、多重債務をしてしまいお金を返せなくなった時です。無計画に借りてしまう事で起こります。このような状態に陥ると考えられるのは、日々利息が積み重なる事により借金が膨れ上がる事です。もはや個人では手を打つ事ができずに頭が混乱状態に陥ります。そんな時に一緒に解決に力を貸したくれるのが、相談機関です。

相談機関としてまずあげられるのが、国民生活センターです。国民生活センターは通常の相談窓口だけではなくて、多重債務者の相談も受けてくれるのが大きな特徴となります。多重債務の相談窓口は各都道府県に開かれていますから、困った時は問い合わせしてみましょう。

また、自治体によっては無料で弁護士や司法書士に相談もできます。他には日本貸金業協会では借り入れや返済をはじめとした様々な貸金業におけるトラブルに対して、働く貸金業相談・紛争解決センターが設けられています。

また、法テラスではキャッシングに対する様々な問題解決に力を貸してくれます。キャッシングでのトラブルは個人で解決しようと奮闘するよりも、相談窓口で解決策を教えてもらう方が良いでしょう。胸に重くのしかかっている問題をできるだけ早くに解決しましょう。

自分一人で抱え込まないという意味でもう一つ。ネット上にはいろいろな借金話があります。その中には、借金から解放されるまでの道のりを綴っているブログなんてのもあります。自分以外の人はどのような方法でどのような思い出お金を返済しているのか読んでいると結構ためにもなり勇気づけられるものです。Amebaブログ/貧乏・借金(http://ranking.ameba.jp/gr_poor)など一度見てみてもいいかもしれませんね。